資格取得で安泰ではない

資格取得で安泰ではない資格を取得して無事に独立開業への一歩を踏み出せたとしても、そこで安心せずに、事業を成功させ維持するために次のアクションを起こしましょう。この記事では、ライバルとの差別化を図るための対策について解説していきます。

コミュニケーションスキルは必須

無事に資格を取得して独立開業するまでに上手く事が運んだとしても、そこで安心してはいけません。というのも、業界や職種にもよりますが、足を踏み入れた先は供給過多でライバルが多く、競争率が高い場合もあるからです。資格を取得したから万事上手く行くとはかぎらず、ライバルたちとの差別化を図る対策を練り行動に移すことが、事業を安定させることに繋がります。
競合と差をつけるには、まず客への愛想良い対応とコミュニケーションスキルは必須です。相手はたくさんある選択肢の中から選ぶわけですから、できるだけ良い印象を与えるようにします。たとえば、相手の要望や意見にしっかり耳を傾け、分かりやすく丁寧に説明すると好印象を与えられるでしょう。また、会話中に頷いたりメモを取ったりすることで、コミュニケーションを円滑にします。聞き上手であれば相手が話しやすいと判断し、そこから信頼関係を築くことができるのです。
また、交渉をする際に話の折り合いがつかない場合は、お互いに納得のできるところでの妥協点を探し提案するなど、いずれにしても相手の意図を理解した上でコミュニケーションを図ることが大切だと言えます。

効果的なマーケティングを行う

事業について宣伝する際は、Webを活用するのがおすすめです。それが弁護士でも美容師でもフリーランスエンジニアでも同じで、インターネットサービスが普及している今、ホームページやSNSといった拡散力のある宣伝効果の高いサービスを活用しない手はありません。インターネットを使ったマーケティング手法は、紙媒体での宣伝とは異なり、さまざまな年齢層のユーザーに広く情報を届けることができます。そして、自分のスキルを欲している人や企業と出会う確立も高くなり、大変効果的なマーケティング手法だと言えるでしょう。

差別化を図るためのセルフブランディング

ライバルと差をつけるには、何かしら自分だけの強みを見出し、それをアピールする必要があります。つまり、効果的にセルフブランディングできないことには、同業者の中に埋もれてしまい、いつまで経っても見つけてもらえないかもしれません。いかに自己プロデュースできるかが鍵を握っているのです。
ライバルと差別化を図るためには、まずは自己分析をして得意分野や他者にはないアピールポイントを明確にすることからはじめてみましょう。「自分にしかできない」強みを探し出し、効果的にプロモーションすることで、同業者と差をつけられます。

new

お問い合わせ

  • lets_dokuritsu☆yahoo.co.jp

    (☆を@に変えてください)

こちらも読まれていますよ!

食べていけない人の方が少ない社労士

ブラック企業という言葉を日常的に耳にすることも多くなりました。過重労働や給与、残業代の未払いなど、労働問題を扱うニュースに接することも多い中、社会全体の関心がこれらの問題に向けられていることを強く感じる人も多いのではないでしょうか。現代はインターネットが発達しているので、様々な情報を知りたい時にすぐ手に入れることができます。そのため、労働問題について調べる人が多くなり、社労士という職業についての関心や期待も同時に大きくなってきています。

エージェントを使わない理由は1つもない

フリーランスのエンジニアとして生活の基盤を整えるには、安定的に仕事を得なければなりません。そこでぜひ活用したいのが、IT業界に特化したエージェントです。スキルに適した案件を提案してもらえるので安心して参画できるうえ、個人のつてやクラウドソーシングサービスよりも高単価なケースが多くあります。また、エージェントによっては福利厚生サービスを適用したり、税務関連のサポートを行ったりしているところもあるようです。実際、エージェントに依頼している企業は非常に多いため、エンジニア側も継続して案件を得ることができるでしょう。

案件動向から見る需要

IT業界の求人数は多く、まだまだ人材が足りていない状況が続いていますが、中でもエンジニアの案件数はIT系求人の約7割を占めている状況です。エンジニア案件の内訳を見てみると、以前は多かったスマートフォン向けアプリ開発から、Webサイト開発へと需要がシフトしてきていることがわかります。それに伴って、必要とされるプログラミング言語などのトレンドにも変化が見られます。また、企業常駐だけでなくリモート型の働き方も増えています。