new

  • 主婦でもできるネイリスト 主婦でもできるネイリスト

    女性に人気の資格「ネイリスト」について紹介します。ネイリストは自宅でも独立開業できる仕事です。

  • 年齢制限はない 年齢制限はない

    フリーランスエンジニアとして独立するにあたって年齢制限はありません。スキルやノウハウがあれば何歳でも独立できる仕事です。

  • 自分に合ったプランが選べるミニストップ 自分に合ったプランが選べるミニストップ

    コンビニフランチャイズの中でも独立プランが豊富で柔軟性が高いのがミニストップです。自分に合うプランを選びましょう。

一国一城の主になる

一国一城の主になるこれから新たな道で独立開業をして、一国一城の主を目指すことを考えているのであれば、資格を活用できる仕事について検討してみてはいかがでしょうか。この記事では、難易度別に見た資格についてご紹介していきます。

長期計画で難関資格に挑む

持っていれば独立開業に強い資格と言えば、弁護士や税理士、司法書士、公認会計士、医師などがあります。どれもかなり高いレベルの専門性が必要になるものばかりで、社会人になってからなりたいと思ってもすぐに目指すことができないものばかりです。本気でこれらの資格取得を目指すのであれば、かなり長期的かつ計画的に勉強しなければなりませんし、大学で専門課程を修了している必要もあるでしょう。そのため、誰でも簡単に目指せるものとは言えませんが、これらの資格を目指せる土壌が既にある人であれば、挑戦してみる価値はあるかもしれません。
ただし、それだけの資格を目指せる能力がある人であれば、独立するよりも多く収入を得ている場合も少なくないので、単純に収入だけで判断する場合は、総合的によく考える必要があるかもしれません。

比較的難易度高めの資格

薬剤師や測量士、中小企業診断士などの仕事は、資格があると比較的独立しやすい仕事として人気があります。どの資格も片手間には習得できないものばかりなので、会社員をしながら独立を目指すとなるとかなりハードルが高いのも事実です。医師や弁護士と同様に大学での専門課程の履修が必要になるものもあるため、誰でも手軽に目指せるというものではないかもしれませんが、状況が許すのであれば目指してみるのもひとつの手です。

挑戦しやすい資格

先にご紹介した資格の数々は、「試験を受けるための資格」がないとそもそも受けられないものも多く含まれていますが、学歴や職歴に関係なく、誰でも取れる資格を取って独立の糧にするという方法もあります。しかし、取りやすい資格ということもあって目指す人も多くなってくるので、資格があるからといってそれが独立で成功することにつながるかどうかは未知数です。
整体やマッサージ、カイロプラクティックで開業する人は多く、街中でもよくそのような店舗を見かけることがあるのではないでしょうか。また、美容師やネイリスト、エステティシャン、ペットのトリマーなど、常に一定の需要がある仕事の資格があると、独立開業につなげやすいかもしれません。これらの仕事の中には資格がなくても開業できるものもありますが、競合他社が多い業種ばかりなので、なるべく資格は持っておいた方がビジネスを展開していく上で有利になるかもしれません。今の時代はインターネットを活用すれば低予算で開業することも十分に可能ですから、開業資金が少なくても資格とアイデアさえあれば成功のチャンスはあるのです。

こちらも読まれていますよ!

食べていけない人の方が少ない社労士

ブラック企業という言葉を日常的に耳にすることも多くなりました。過重労働や給与、残業代の未払いなど、労働問題を扱うニュースに接することも多い中、社会全体の関心がこれらの問題に向けられていることを強く感じる人も多いのではないでしょうか。現代はインターネットが発達しているので、様々な情報を知りたい時にすぐ手に入れることができます。そのため、労働問題について調べる人が多くなり、社労士という職業についての関心や期待も同時に大きくなってきています。

案件動向から見る需要

IT業界の求人数は多く、まだまだ人材が足りていない状況が続いていますが、中でもエンジニアの案件数はIT系求人の約7割を占めている状況です。エンジニア案件の内訳を見てみると、以前は多かったスマートフォン向けアプリ開発から、Webサイト開発へと需要がシフトしてきていることがわかります。それに伴って、必要とされるプログラミング言語などのトレンドにも変化が見られます。また、企業常駐だけでなくリモート型の働き方も増えています。

成功する秘訣とは

コンビニ経営を成功させる秘訣として3つの要素があります。第一に、コンビニそのもののブランド力は絶対的な強さがあり、各コンビニのオリジナル商品やサービスは、リピーターの確保には欠かせないものです。次に重要なのは店の立地条件です。どんなによい店であっても場所がよくないと集客が難しい現実があります。そして、コンビニのブランドと立地を活かせるかどうかはオーナーがどれだけの力を発揮できるかにかかっているのです。