new

  • 主婦でもできるネイリスト 主婦でもできるネイリスト

    女性に人気の資格「ネイリスト」について紹介します。ネイリストは自宅でも独立開業できる仕事です。

  • 年齢制限はない 年齢制限はない

    フリーランスエンジニアとして独立するにあたって年齢制限はありません。スキルやノウハウがあれば何歳でも独立できる仕事です。

  • 自分に合ったプランが選べるミニストップ 自分に合ったプランが選べるミニストップ

    コンビニフランチャイズの中でも独立プランが豊富で柔軟性が高いのがミニストップです。自分に合うプランを選びましょう。

充実したサポート体制のセブンイレブン

充実したサポート体制のセブンイレブンセブンイレブンは、全国シェアナンバー1を誇る業界最大手のコンビニとしても有名で、確固としたブランドイメージを確立し、宅配サービスやオリジナルブランド商品の開発など、これまでにも様々な新しいサービスを生み出してきました。フランチャイズにおいてはサポート体制を充実させているため、安心して独立できる仕事として多くの人の関心を集めています。

独自のサービス開発

セブンイレブンは、日本人なら誰でも知っているほどの高い認知度がある中、強いブランドイメージを長年保ち続けてきたコンビニで、お弁当の宅配サービスやオリジナルブランドの確立など独自のサービスを展開することによる他社との差別化を徹底して行ってきました。また、おにぎりやお弁当などの割引セールやくじ引きなどのキャンペーンも活発に行って集客を促進する活動にも熱心で、新しいチャレンジにも積極的な会社です。

契約内容と開店までの流れ

セブンイレブンのフランチャイズ契約にあたっては、オーナーが土地や建物を用意するAタイプと、セブンイレブンの本部が土地建物を用意するCタイプの2つがあります。加盟条件としては、夫婦か同一世帯の親子、兄弟で55歳までと明確な規定があります。加盟金はAタイプが約300万円に対してCタイプが約250万円となっていて、契約期間は15年間です。気になるロイヤリティは45%から76%とコンビニチェーンの中では比較的高めの分、廃棄不良品の原価の一部保証や水道光熱費を80%本部が負担するなど、様々なサポートが手厚いのが特徴です。
説明会から始まって様々な経過を経た後の契約後には、スクールトレーニングとストアトレーニングを各5日間ずつ受講し、店舗経営について徹底的に学びます。各オーナーには、オペレーション・フィールド・カウンセラーと呼ばれる店舗経営相談員が、開店からその後の経営に至るまでしっかりとサポートしてくれます。最初の説明会から開店までにかかる期間は、最短でも3カ月、場合によっては6カ月以上かかる場合もあります。セブンイレブンでの独立を検討するならば、まずは説明会に参加してフランチャイズシステムについての説明をよく聞いてみましょう。

セブンイレブンオーナーの傾向

セブンイレブンオーナーとして独立した時の年齢で一番多いのは40代で、パートナーは夫婦が圧倒的な割合を占めています。前職も小売業より異業種からという人が多く、独立したいという気持ちと準備があれば、誰でも参入できる仕事と言えるでしょう。

セブンイレブン

セブンイレブンは長年の経験と実績が豊富な会社なので、安心してチャレンジすることができるフランチャイズとしておすすめです。

こちらも読まれていますよ!

食べていけない人の方が少ない社労士

ブラック企業という言葉を日常的に耳にすることも多くなりました。過重労働や給与、残業代の未払いなど、労働問題を扱うニュースに接することも多い中、社会全体の関心がこれらの問題に向けられていることを強く感じる人も多いのではないでしょうか。現代はインターネットが発達しているので、様々な情報を知りたい時にすぐ手に入れることができます。そのため、労働問題について調べる人が多くなり、社労士という職業についての関心や期待も同時に大きくなってきています。

案件動向から見る需要

IT業界の求人数は多く、まだまだ人材が足りていない状況が続いていますが、中でもエンジニアの案件数はIT系求人の約7割を占めている状況です。エンジニア案件の内訳を見てみると、以前は多かったスマートフォン向けアプリ開発から、Webサイト開発へと需要がシフトしてきていることがわかります。それに伴って、必要とされるプログラミング言語などのトレンドにも変化が見られます。また、企業常駐だけでなくリモート型の働き方も増えています。

成功する秘訣とは

コンビニ経営を成功させる秘訣として3つの要素があります。第一に、コンビニそのもののブランド力は絶対的な強さがあり、各コンビニのオリジナル商品やサービスは、リピーターの確保には欠かせないものです。次に重要なのは店の立地条件です。どんなによい店であっても場所がよくないと集客が難しい現実があります。そして、コンビニのブランドと立地を活かせるかどうかはオーナーがどれだけの力を発揮できるかにかかっているのです。