new

  • 主婦でもできるネイリスト 主婦でもできるネイリスト

    女性に人気の資格「ネイリスト」について紹介します。ネイリストは自宅でも独立開業できる仕事です。

  • 年齢制限はない 年齢制限はない

    フリーランスエンジニアとして独立するにあたって年齢制限はありません。スキルやノウハウがあれば何歳でも独立できる仕事です。

  • 自分に合ったプランが選べるミニストップ 自分に合ったプランが選べるミニストップ

    コンビニフランチャイズの中でも独立プランが豊富で柔軟性が高いのがミニストップです。自分に合うプランを選びましょう。

自分に合ったプランが選べるミニストップ

自分に合ったプランが選べるミニストップ大手コンビニチェーンのミニストップは、コンビニとファストフードのコンボストア式で他社との差別化を明確にしていて、フランチャイズ契約のタイプも4つのプランから選べるのが魅力です。

最大の魅力「コンボストア」

ミニストップの魅力と言えば、やはりファストフードとコンビニが融合したコンボストアという営業スタイルです。季節に応じたメニューも豊富で人気も高く、幅広い年代層のリピーターを安定的に確保しています。また、ファストフードの粗利率は50%という圧倒的な高さがあります。

自分の状況に合った起業ができる

ミニストップのフランチャイズでは、自己所有の土地や建物を活用するS-Typeと、土地、建物を自分で借りるSL-Type、土地、建物をミニストップ側が借りるCL-Type、初期投資の少ないN-ML-Typeの4つの契約タイプがあります。どの契約タイプを選択するのかによって、自己負担分の費用やロイヤリティの割合が違います。大きく分けて考えると、ミニストップ側が土地や建物を用意するタイプと、オーナー側が土地や建物を用意するタイプがあって、自分で土地や建物を用意した方がロイヤリティを低く抑えることができるというメリットがあります。契約期間は業界では短い7年毎の更新制なので、独立を考えている人にとっては一歩踏み出しやすいかもしれません。

初期投資にかかる費用

ミニストップのフランチャイズは、自分で店舗を用意してもしなくても、初期投資にかかる金額は一律250万円と無理のない金額です。もし十分な資金が用意できないという人でも、提携銀行の融資を活用することができるため、20歳以上の専従者が2名などプラン毎の条件さえクリアしていれば、誰でもオーナーとして独立をすることができます。プランによって自己負担がある部分とない部分がありますが。自分で店舗の場所を確保するS-Typeや、ミニストップが店舗を確保するCL-Typeでは、内外装にかかる費用はオーナー負担となっています。

ミニストップのブランド力

コンビニには、そのブランドにしかないオリジナルの商品が必ずあり、利益率も一般商品より高めの設定になっています。コンビ二で販売されている一般の商品はスーパーなどよりも高いのが普通ですが、オリジナル商品があることによって集客を増やすことができるという強みがあります。集客できるコンビ二の条件としては、立地とブランドとオーナーの力がとても重要になります。立地が良く、車でも入りやすい店舗は人が集まりやすい上に、ミニストップという大きなブランドが加わることによって、オリジナル商品を求める利用者がわざわざ選んで来店してくれるようになります。ミニストップオリジナルの商品の人気は安定して高く、リピーターも多いのが特徴です。

オーナーサポートも充実

誰でも知っている大手コンビニの看板を出したなら、後はオーナーのやり方で利用者がまた来たいと思える店づくりをして、利益を増やしていく努力をするだけです。

ミニストップ

ミニストップではオーナーに対するサポート体制も万全に整えられているので、経験が浅い人でも安心して仕事をすることができます。

こちらも読まれていますよ!

食べていけない人の方が少ない社労士

ブラック企業という言葉を日常的に耳にすることも多くなりました。過重労働や給与、残業代の未払いなど、労働問題を扱うニュースに接することも多い中、社会全体の関心がこれらの問題に向けられていることを強く感じる人も多いのではないでしょうか。現代はインターネットが発達しているので、様々な情報を知りたい時にすぐ手に入れることができます。そのため、労働問題について調べる人が多くなり、社労士という職業についての関心や期待も同時に大きくなってきています。

案件動向から見る需要

IT業界の求人数は多く、まだまだ人材が足りていない状況が続いていますが、中でもエンジニアの案件数はIT系求人の約7割を占めている状況です。エンジニア案件の内訳を見てみると、以前は多かったスマートフォン向けアプリ開発から、Webサイト開発へと需要がシフトしてきていることがわかります。それに伴って、必要とされるプログラミング言語などのトレンドにも変化が見られます。また、企業常駐だけでなくリモート型の働き方も増えています。

成功する秘訣とは

コンビニ経営を成功させる秘訣として3つの要素があります。第一に、コンビニそのもののブランド力は絶対的な強さがあり、各コンビニのオリジナル商品やサービスは、リピーターの確保には欠かせないものです。次に重要なのは店の立地条件です。どんなによい店であっても場所がよくないと集客が難しい現実があります。そして、コンビニのブランドと立地を活かせるかどうかはオーナーがどれだけの力を発揮できるかにかかっているのです。