new

  • 主婦でもできるネイリスト 主婦でもできるネイリスト

    女性に人気の資格「ネイリスト」について紹介します。ネイリストは自宅でも独立開業できる仕事です。

  • 年齢制限はない 年齢制限はない

    フリーランスエンジニアとして独立するにあたって年齢制限はありません。スキルやノウハウがあれば何歳でも独立できる仕事です。

  • 自分に合ったプランが選べるミニストップ 自分に合ったプランが選べるミニストップ

    コンビニフランチャイズの中でも独立プランが豊富で柔軟性が高いのがミニストップです。自分に合うプランを選びましょう。

経験が浅くても可

経験が浅くても可独立には様々なスタイルがあります。それまでの社会人経験を活かした仕事で独立する場合もあれば、全く初めての仕事で独立を果たす人もいます。この先独立を考えてはいるものの、どんな仕事にすればいいか迷っているという人にフランチャイズで独立する人に見られる特徴や傾向などについてご紹介します。

フランチャイズで独立

身近なところを見渡してみても、フランチャイズで事業を展開している様々な業種をすぐに見つけることができるのではないでしょうか。日本にあるフランチャイズの種類のひとつとして、コンビニなどはすぐに思いつくかもしれません。その他にもハウスクリーニングや美容、健康系のサロン、学習塾や飲食業など、一人でできる仕事から人を雇う仕事までいろいろとあります。業種によって必要になる開業資金はそれぞれですが、ほとんどの業種に共通しているのは、それまでの経験や年齢があまり問われないという点です。もちろん社会人経験は仕事をしていく上でとても役に立つものなので、どんな経験でも無駄になるわけではありませんが、フランチャイズの場合は本部にしっかりと確立されたビジネスモデルに基づいたノウハウを伝授してもらうことができるので、やる気と開業資金さえあれば1から成長していくことができる楽しみがあります。
また、同じ業種でもブランドが違うお店同士で特徴があるので、その中でどこが自分に合っているかということも含めて比較しやすいかもしれません。フランチャイズで人気の業種はサービス業が約半数を占めていて、その次に飲食、小売と続いています。

独立を決心するのはいつ頃?

独立したいと思えば本人の決断次第でいつでもできるものなので、早い人だと10代から独立する人もいますが、全体の年代別で見ると40代、50代が最も多いという特徴があります。その年代になるとある程度社会経験も豊富になってくるので、自分の適性についても見えてくる場合が多いようです。その他の年代でも若い世代からシニア世代と幅広い世代で独立している人はたくさんいます。独立するのに適した時期は、その人の経験や準備の具合によりますから、他との比較はあくまでも参考程度に考えておくようにしましょう。

開業資金について

独立するとなると気なるのが開業資金です。多くの人は多額の資金が必要になるイメージを持っているかもしれませんが、実は開業する人の40%ぐらいは資金0から100万円ぐらいの間で開業をしています。ただ、開業資金が多い方が規模の大きなビジネスに挑戦するチャンスが広がることは確かです。100%リスクのない事業などはありませんが、開業資金をいくらぐらいにするかである程度調整することができるでしょう。

こちらも読まれていますよ!

食べていけない人の方が少ない社労士

ブラック企業という言葉を日常的に耳にすることも多くなりました。過重労働や給与、残業代の未払いなど、労働問題を扱うニュースに接することも多い中、社会全体の関心がこれらの問題に向けられていることを強く感じる人も多いのではないでしょうか。現代はインターネットが発達しているので、様々な情報を知りたい時にすぐ手に入れることができます。そのため、労働問題について調べる人が多くなり、社労士という職業についての関心や期待も同時に大きくなってきています。

案件動向から見る需要

IT業界の求人数は多く、まだまだ人材が足りていない状況が続いていますが、中でもエンジニアの案件数はIT系求人の約7割を占めている状況です。エンジニア案件の内訳を見てみると、以前は多かったスマートフォン向けアプリ開発から、Webサイト開発へと需要がシフトしてきていることがわかります。それに伴って、必要とされるプログラミング言語などのトレンドにも変化が見られます。また、企業常駐だけでなくリモート型の働き方も増えています。

成功する秘訣とは

コンビニ経営を成功させる秘訣として3つの要素があります。第一に、コンビニそのもののブランド力は絶対的な強さがあり、各コンビニのオリジナル商品やサービスは、リピーターの確保には欠かせないものです。次に重要なのは店の立地条件です。どんなによい店であっても場所がよくないと集客が難しい現実があります。そして、コンビニのブランドと立地を活かせるかどうかはオーナーがどれだけの力を発揮できるかにかかっているのです。