エンジニアならフリーランス

独立を目指す人の中には、ITエンジニアとしての経験を活かしたいと考えている人も多くいます。IT業界が急速に進歩している中で、最新の技術や知識を取り入れた仕事ができるエンジニアの確保が企業にとっても急務となっている状態で、能力さえあれば年齢が高くても仕事には困らない状況です。フリーランスにとっては頭の痛い営業活動も、今はIT系フリーランスの専門エージェントを活用すれば簡単に仕事を見つけることができます。

案件動向から見る需要

案件動向から見る需要

フリーランス向けの案件動向を見てみると、様々なIT職の中でもエンジニア系の案件がかなりの割合になっています。フリーランスのエンジニアの多くがエージェントを活用して効率良く案件を確保しているのが現状で、得意分野を活かした案件をすぐに見つけることができるので営業などの手間をかけずに仕事をしています。また、企業常駐型だけでなく在宅勤務が可能なリモート型の案件も増えてきているので、案件だけでなく働き方そのものも選べるのが近年の傾向です。続きを表示

年齢制限はない

年齢制限はない

年齢が高くなっていくと、知力も体力も若い時より衰えてくるのは人間として当然のことです。どんな仕事でも、年齢的な限界点はどこかで絶対に感じることにはなりますが、自分自身の努力次第でその時を先に延ばすことは可能です。フリーランスのエンジニアは、柔軟性のある若い人の方がよいという考え方が一部にありますが、実際はどうなのでしょうか。そもそもフリーランスのエンジニアとして独立をするためにはある程度の経験年数も必要ですから、必然的に年齢が高くなる場合も少なくないのです。続きを表示

エージェントを使わない理由は1つもない

エージェントを使わない理由は1つもない

フリーランスになると、安定的な仕事ができるかどうか不安になることもあるかもしれません。フリーランスのエンジニアの場合、高単価で求人を出している企業はたくさんありますが、個人の営業でそのような案件に参画するのはまず難しいと考えた方がいいかもしれません。その点でフリーランス向けの専門エージェントには、条件の良いエンジニア向けの案件が数多く預けられていて、フリーランスにとってのメリットがたくさんあるサービスを受けられます。続きを表示

自ら決める道のり

自ら決める道のり

フリーランスのエンジニアとして独立するということは、会社員の身から自由になると同時に様々な責任を背負って生きていくことを意味しています。その道は思ったほど楽ではないと感じることもあるかもしれませんが、自分のキャリアを自分で大きくしていくことができるこのチャンスは、フリーランスならではの特権です。独立は、やろうと思えば誰でも実現することが可能です。大切なのは、その先もずっとやり続けていけるかどうかなのです。続きを表示

フリーランス生活を快適に続けるためのポイント

フリーランス生活を快適に続けるためのポイント

会社で働いていた頃には叶わなかった自由度の高さが、フリーランスになると手に入ります。自由度が高い一方で、会社では経理担当がやってくれていた経理関係の処理は、自分で行うことになります。後者だけを見るとフリーランスの道を選ぶことを踏みとどまりそうになるかもしれません。しかし、今では経理処理がラクになる会計ソフトも市場に出回っているので、使わない手はないでしょう。どうすれば日頃の業務効率が良くなるのかポイントを押さえると、フリーランスの道も快適になるはずです。続きを表示

new

お問い合わせ

  • lets_dokuritsu☆yahoo.co.jp

    (☆を@に変えてください)

こちらも読まれていますよ!

食べていけない人の方が少ない社労士

ブラック企業という言葉を日常的に耳にすることも多くなりました。過重労働や給与、残業代の未払いなど、労働問題を扱うニュースに接することも多い中、社会全体の関心がこれらの問題に向けられていることを強く感じる人も多いのではないでしょうか。現代はインターネットが発達しているので、様々な情報を知りたい時にすぐ手に入れることができます。そのため、労働問題について調べる人が多くなり、社労士という職業についての関心や期待も同時に大きくなってきています。

エージェントを使わない理由は1つもない

フリーランスのエンジニアとして生活の基盤を整えるには、安定的に仕事を得なければなりません。そこでぜひ活用したいのが、IT業界に特化したエージェントです。スキルに適した案件を提案してもらえるので安心して参画できるうえ、個人のつてやクラウドソーシングサービスよりも高単価なケースが多くあります。また、エージェントによっては福利厚生サービスを適用したり、税務関連のサポートを行ったりしているところもあるようです。実際、エージェントに依頼している企業は非常に多いため、エンジニア側も継続して案件を得ることができるでしょう。

案件動向から見る需要

IT業界の求人数は多く、まだまだ人材が足りていない状況が続いていますが、中でもエンジニアの案件数はIT系求人の約7割を占めている状況です。エンジニア案件の内訳を見てみると、以前は多かったスマートフォン向けアプリ開発から、Webサイト開発へと需要がシフトしてきていることがわかります。それに伴って、必要とされるプログラミング言語などのトレンドにも変化が見られます。また、企業常駐だけでなくリモート型の働き方も増えています。